WKT法による「思考の見える化」    (愛知県下各労働基準協会主催)協会主催講習会

講習会予定

WKT法による「思考の見える化」    (愛知県下各労働基準協会主催)

 ビジネス上では、発生したトラブルの「問題解決」と「意思決定」を質高く・効率 的に行うことが重 要です。判断を間違えてしまうと時間や労力など経営資源を無駄に使うこととなり ます。
「WKT法(わかりやすく 考える 知恵)」は、必要・十分な情報を集め、 適格な結論を導きだすための思考の手順を整理し体系化したものです。
 「事実」に基づいた思考プロセスにより、「思い込み」や「憶測」による誤 りを食い止めることができる手法です。



■開催予定一覧■
平成30年9月25日(火) 【意思決定コース】 PDF資料
平成30年12月11日(火)【問題解決コース】 PDF資料
  平成31年 3月 開催予定   
    
    
    
※[○]受付中、[△]残り少ない、[X]満員空き待ち、[ ]掲載準備中

 
本年度は1日コースで4回 開催します。
「問題解決」コースでは
・「問題は何故起きたのか?」
・「その対策は?」
といった思考技術をケーススタディ やグループワークを体験しながら1日で学びます。
「意思決定」コースでは
・「意思決定で押さえておくべき4つのポイント」
・「初めに目的と手段を明確化する」
といった思考技術をケーススタディ やグループワークを体験しながら1日で学びます。
対象:①人事 教育部門の責任者および担当者
   ②営業、生産、技術部門の責任者
   ③社長室、企画部、情報処理部門の責任者